新小岩インプラントHOME
当院について インプラント 当院が選ばれる8つのポイント 施術方法のバリエーション お支払い方法 医療控除について インプラントQ&A スタッフ紹介 診療相談
 
当院について
 
インプラント IMPLANT
 
当院が選ばれる8つのポイント
 
施術方法のバリエーション
 
お支払い方法
 
医療控除について
 
インプラントQ&A
 
スタッフ紹介
 
診療相談
 
新小岩インプラントHOME > 施術方法について
 

オールオンフォー(All on Four)

オールオンフォー(All on Four)とは、名前の通り4本の
インプラントですべての歯を作ってしまう治療法です。
通常、前歯と小臼歯の部分に4本のイ ンプラントを埋め込みます。
その4本のインプラントで12本分の歯を作ります。
条件が合えばオペの当日に歯が入ります。
具体的なイメージは右図の通りです。
 

メリット1
オールオンフォーは、前歯の部分にインプラントを埋め込みますが、前歯の部分は骨がしっかりあるので、
ほとんどの場合、インプラントができます。オールオンフォー以外のインプラントの場合は、奥歯にも
インプラントを埋め込みますが、奥歯の部分は上顎洞とか、大きな神経があり、そこに埋め込むためには
サイナスリフト(上顎洞挙上術)とか神経移動術をしなくてはなりません。 オールオンフォーは、上顎洞や
大きな神経をよけて埋め込むため、その必要がなくなることもあります。

メリット2
インプラントの本数が少なくなることにより外科的侵襲の範囲が狭くなり、手術時に患者様への身体的負担が軽減します。

メリット3
条件が合えば手術の当日に固定式の歯が入ります。そのため、通常のインプ ラントのように歯が入るまで数ヶ月待つ必要がありません。
サイナスリフト(上顎洞挙上術)をした場合、治療期間は4〜6ヶ月程かかります。治療回数や治療期間が短いのが特徴です。

メリット4
下顎で4本、上顎で4本(場合によっては5〜6本)のインプラン トで済むので、経済的です。
オールオンフォーでなければ、通常上顎、下顎共8本程度のインプラントが必要になりインプラン トの
本数が多い分、費用もかかります。

メリット5
オールオンフォーでは、被せもの(上部構造)の設計上の自由度が大きいため、審美的にも
きれいな歯が入ります。

オールオンフォーの最大のメリットは総義歯に近い人が気軽にインプラントの恩恵を被れることです。費用と身体的侵襲が少なくて済むのが魅力です。


抜歯即時インプラント

抜歯即時インプラントとは、抜歯をするとほぼ同時にインプラントを埋め込む治療法です。
通常2週間後くらいに行うのが妥当です。
「差し歯を使っていたが歯根が折れてしまった」「ぶつけて歯がグラグラしてきた」という方など、
これから抜歯を控えている方にお勧めの治療法です。抜歯即時インプ ラントは、抜歯をするとほぼ同時にインプ ラントを埋め込むため、歯がない期間がありません。

メリット1
抜歯直後の傷口が治りやすく、抜歯した部分の骨も回復が早い。

メリット2
抜歯してから期間が開いてしまうと(例えば、従来のインプ ラント手術では、5〜6ヶ月)、骨が
垂直的に吸収(溶けてしまう)するが、抜歯即時インプラントの場合はそれが起こりません。

メリット3
インプラント手術の際に、切開や剥離を行わないため、患者様の手術時の負担が減ります。
また、治療期間も大幅に短縮できます。

メリット4
早期に審美性が回復し、また歯肉縁形態(歯茎の形)が温存されるため、見た目がきれいになります。


即時荷重インプラント

即時荷重インプラントとは、インプラント手術と同時に仮歯を入れる治療法です。
ただし、即時荷重インプラントは埋入部位の骨がしっかりしているなどいくつかの基本的な条件を
満たすことが必要で、どの患者様にも対応できるものではありません。患者様の状態を全体的に見極め、
慎重に行うことがとても重要です。


フラップレス(無切開)手術

通常のインプラント手術では、メスを使った歯肉の切開や術後の縫合などが必要でした。
フラップレス(無切開)手術とは、インプラント埋入部位の歯肉に小さい穴を開け、歯肉の切開剥離なしに
インプラントを埋入する手術方法です。これにより、外科手術に抵抗のある患者様の恐怖心を軽減する
ことが可能となりました。切開や縫合を行わないため、非常に短時間で手術を行なうことができ、
切開や糸で縫うことからくる「腫れ」や「痛み」、「出血」が少ないのも特徴です。
ただし、フラップレス(無切開)手術は、歯肉の上から骨を見ずに行なわれる手術であるため、
他のインプラント手術以上に歯科医師の経験や高度な技術が求められ、CT撮影によるシミュレーション
など事前の念入りな診断が不可欠です。


GBR(骨誘導再生)

GBR(骨誘導再生)法とは、骨の幅や高さがない時に欠損した骨組織を再生させる治療法です。
歯槽膿漏や虫歯で歯を失うと、歯を支えるという役目を終えた歯の周囲骨は萎縮していきます。
インプラント手術を行うにあたり、インプラントを植立するための骨幅や骨の高さがない場合、
そのままの状態でインプラントを行うと成功率は非常に低くなります。適切な状態で植立してこそ
インプラントの長期安定が望めます。


サイナスリフト(上顎洞挙上術)

上顎骨の上の部分には、上顎洞と呼ばれる大きな空洞が存在します。この空洞は様々な要因が
きっかけとなり、拡大する傾向を持っています。さらに、歯がなくなると歯槽骨も吸収しますので、
上顎においては歯槽骨側と上顎洞側から骨吸収が進行することも少なくありません。そこで、膨らんで
きた上顎洞に移植骨や骨補填材、最近ではインプラント本体の一部を挿入して、上顎洞の底部分を
押し上げる技術が開発されました。これがサイナスリフト(上顎洞挙上術)です。


ソケットリフト

サイナスリフト(上顎洞挙上術)と同様に、骨の幅や高さがない時に欠損した骨組織を再生させる
治療法です。サイナスリフト(上顎洞挙上術)との大きな違いは、サイナスリフト(上顎洞挙上術)は
シュナイダー膜(上顎洞と歯槽骨の間の粘膜)を洞底部から剥離して挙上して歯槽骨を確保します。
ソケットリフト(上顎洞挙上術)は上顎洞のインプラントを埋込む穴の奥に、将来、骨になる物質を入れ、
少しずつシュナイダー膜を押し上げていき、それが完全に骨になるのを待ってインプラントを埋め込む
という点が大きく異なります。ソケットリフト(上顎洞挙上術)という治療方法は、
上顎洞粘膜(シュナイダー粘膜)の挙上量3mm 程度と言われており、応用範囲の少ない方法です。
また、ある面盲目的に行う外科手技で、うまくいったかどうか(メンブレンが破れたりしていないか、
骨補填材等が上顎洞内にもれていないか)実際に目で確認することができないので経験と技術の
要する大変難しい治療方法です。